お墓の解体

墓じまい(解体・移転)、修理、建立のご相談

ご希望に合わせて諸手続きやアドバイスなどを分かりやすくご提案します

墓じまいについて

お墓

各諸事情からお墓を守っていくことが困難になり、永代供養への移葬や埋葬を希望される方が増えてまいりました。八戸市内及び近郊でも永代供養墓(塔)を建立されてる寺院も増えてまいりました。当社ではそのようなご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

現在住の地域に先祖のお骨を持っていきたい、解体した石材を新墓地で使いたい、後継ぎが居ない為永代供養に移したい、などの様々な理由でお墓の解体や移転を考えられていらっしゃることでしょう。

お墓の解体料金については、現状のお墓の設置状態、墓地区画のサイズ等により、金額が変わりますので、現地確認後のお見積りをお奨め致します。また、解体される前後の処理等によっては、書類(改葬届け)等もございます。そこで、一般的な移転の手続きについて書いておきます。

抜魂供養
  1. 改葬許可書(書類)の手続きをいたします。
  2. この書類は市町村の役所・役場にございますので、お骨の埋葬されている市町村の役所・役場に行って、いただいてきます。この書類は簡単にいうと、亡くなられた方の住民票の移動のような書類とお考えください。埋葬されているお身内のお骨が、現在の墓地から新しい墓地へと移動することを許可・証明する書類となります。現在埋葬されている墓地の管理人様(お寺ならご住職様)の署名が必要となります。

  3. 魂抜き(魂抜供養)をいたします。
  4. 今まで拝んでいたお墓を解体する、又はお骨を引き上げる際には、この魂抜きというおつとめをしていただきます。お世話になっている菩提寺の和尚様より拝んでいただきます。この時の準備は、通常のお墓参りと同様な準備(お供花、お供物、お線香、ローソク、お水)で構いません。また和尚様へのお布施も必要となります。

  5. お墓の解体作業
  6. 魂抜きのおつとめが終わりましたら、解体作業に入ります。解体作業はおつとめ終了直後でも構いませんし、後日でも構いません。お骨を引き上げ受け取らなければなりませんので、後日よりは魂抜き直後の方が時間的に良いと思われます。これは、石材店等の業者の仕事になりますので、菩提寺とは別に業者を頼まなければなりません。菩提寺に相談してみるのも良いと思います。

  7. お骨の移転
  8. お骨は新墓地等に埋葬されると思いますが、その際にも最初の改葬許可書は必要となります。新墓地の管理人様にその書類を提出しなければ埋葬(納骨)はできないことになっておりますので、改葬許可書はお骨と一緒に保管移動することが良いでしょう。

お問い合わせ

戒名の彫刻について

墓誌の彫刻

戒名(法名)の彫刻を承ります。

料金・・・1名分彫刻 ¥27,000(税込)

1名分とは、戒名(法名)、死亡年月日、俗名、年齢。
(生前戒名などが彫刻されていて、新たに必要な個所だけ彫刻した場合も同じ料金となります。)

既存文字に着色されている時は同じ色を着色致します(無料)。
生前戒名で文字に赤色が着色されている時は着色を取ります(無料)。

交通費は地区別交通費をご確認ください。

お墓建立のお手伝い

お墓イメージ図 お墓新規建立

お墓の建立は、一生に一度あるかないかの大仕事です。住宅と同じように仏様にとっては「家」と同じだと考えています。

そんな大仕事ですが、広告や展示場の展示している商品だけを見てお墓の建立を決められている方が多いのではないでしょうか。デザインや大きさなど、見て分かるところだけで判断されていると、

  • 石の色が変わった
  • 何年もせずに傾いた
  • あれを付けて欲しかった
など、建立後のトラブルの原因になってしまいます。

後で後悔しないお墓の建立、私たちはそのお手伝いをさせて頂いています。
お客様と一緒に石を選び、完成図面だけではなく、施工図面の確認、現地確認、見積り相談、石材店の選定などご相談させていただきながら、後悔しない墓石建立のお手伝いをしています。

ご相談は無料、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

墓石建立後のトラブルのケース(一例)

  • 墓地の境界が隣にはみ出していた
  • 御寺院様への連絡がなく、叱られた
  • 後日追加を頼んだら、後回しにされ必要時に間に合わなかった
  • 公営墓地で規約通りではなく、作り直すことになった

墓石店を見に来た方の声(一例)

  • 営業員に家に来てほしくない
  • もっと他店も見てみたい
  • 専門用語が多くて分かりづらい
  • 尺で言われてもピンとこない
Copyright(c) 2015 お墓総合サポートサービス. All Rights Reserved.