お墓建立

お墓の新規建立について

どうしたらいいか分からない、そんな方にも分かりやすくアドバイスいたします

お墓建立のお手伝い

お墓イメージ図 お墓新規建立

お墓の建立は、一生に一度あるかないかの大仕事です。住宅と同じように仏様にとっては「家」と同じだと考えています。そんな大仕事ですが、広告や展示場の展示している商品だけを見てお墓の建立を決められている方が多いのではないでしょうか。デザインや大きさなど、見て分かるところだけで判断されていると、

  • 石の色が変わった
  • 何年もせずに傾いた
  • あれを付けて欲しかった
など、建立後のトラブルの原因になってしまいます。

後で後悔しないお墓の建立、私たちはそのお手伝いをさせて頂いています。
お客様と一緒に石を選び、完成図面だけではなく、施工図面の確認、現地確認、見積り相談、石材店の選定などご相談させていただきながら、後悔しない墓石建立のお手伝いをしています。

ご相談は無料、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

墓石建立後のトラブルのケース(一例)

  • 墓地の境界が隣にはみ出していた
  • 御寺院様への連絡がなく、叱られた
  • 後日追加を頼んだら、後回しにされ必要時に間に合わなかった
  • 公営墓地で規約通りではなく、作り直すことになった

墓石店を見に来た方の声(一例)

  • 営業員に家に来てほしくない
  • もっと他店も見てみたい
  • 専門用語が多くて分かりづらい
  • 尺で言われてもピンとこない

よくあるご質問(FAQ)

亡くなってから、どのくらいの期間でお墓を建立したらいいの?
特に決まりはありません。回忌(一周忌、三回忌など)、お盆やお彼岸、初盆(新盆)までにとご希望される方が多いようです。やはりお墓参りや法要の時には、故人を偲ぶ意味でもお墓が建立されていることを望まれるのでしょうね。
注文してから、お墓ができるまでどのくらいの期間がかかるの?
約30日~45日が一般的です。墓地での施工期間は一週間程度で終わりますが、実際には注文してから石材店は石の手配や発注などで、注文した材料や内容(加工)が整うまでに三週間から一ヶ月程度かかります。初めてお墓を建てようと思うと、注文するまでに現地の確認や見積もりなど、さらに時間が必要となりますので、余裕をもって石材店に相談されるとよいでしょう。
仏様はないのですが、お墓を建ててもいいの?
問題はありません。生前にお墓を建てる事を「寿陵」と呼びます。始まりは中国、当時の秦の始皇帝だと言われています。自分の功績を残すとともに子孫がそれを守り繁栄させていってもらいたいと願う意味があるとも言われています。諸説ありますが、「寿陵」は、おめでたいこととされていますので、本人が建てたいのならご家族で一緒に相談にのってあげるとよいと思います。
お墓に保証ってあるの?
保証の決まりはありません。最近では石材店独自や組合独自の保証書などを発行している石材店も増えてきています。施工に対する保証がほとんどのようです。石材は天然の物ですので、変化や劣化に対しては難しいところもあります。石材店に確認や相談をしてみるのもよいと思います。
産地によって、石に良い悪いはあるの?
産地による良し悪しはありません。現在、墓石に使用されている石材は輸入がほとんどで、花崗岩とよばれる石です。花崗岩は何千万年と地球の変化の中で育ってきた石ですので産地による良し悪しは無いと考えてよいでしょう。
墓地をお寺に返したいけど、当時支払った墓地の代金は戻ってくるの?
お金は戻ってきません。墓地を買ったとよく聞きますが、永代使用権という権利を買ったと言った方が正しいでしょう。土地(墓地)はあくまでお寺の所有であり、その土地を代が続く限り永代に使用するという権利ですので、使用しなくなりその土地を返しても代金は戻りません。
Copyright(c) 2015 お墓総合サポートサービス. All Rights Reserved.